×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ひざ関節痛の悩み


特に歩くことがひざ関節痛のために出来にくくなると、高齢者の場合は一気に体力がなくなり、寝たきり状態になってしまう危険性があります。

ひざ関節痛は正式名称は変形性膝関節症といいます。骨などが変形したことによる痛みだといわれています。変形性膝関節症の特徴としては
・発症年齢の平均は55歳
・女性が男性よりも発症する割合が4倍多い。
・階段の上り下りの時に痛む
・正座していると痛む
・歩いていると痛む
・動き始めの時に痛む
・ひどくなると膝が腫れてくる

ひざ関節痛は高齢者で、特に女性に多く見られる症状です。なぜ女性に多いかは分かりませんが、変形性膝関節症の原因としては姿勢が関係しているといわれています。変形性膝関節症の人は姿勢が猫背で、O脚、そして足首が内反していることが多いようです。内反とは内股のような状態をイメージしてもらえば良いと思います。

ひざ関節痛の人は猫背でO脚、そして足首が内反していることが原因なのですが、これは女性に多く見られる姿勢のような気もします。男性でO脚で内股で歩いている人はいないですからね。どちらかというと女性のほうがO脚や内股で歩いている人が多いと思います。